profile

セラピスト自己紹介

改めまして、こんにちは。

セラピストのとよたです(*^^*)

HPをご覧いただきありがとうございます。

8月31日生まれ

年齢は特に意味はないですが公開してません(笑)

聞かれたらお答えしてるので、お気軽に聞いてください(^^)/

O型

 

高校卒業後、就職するも3か月で退職。

とりあえず仕事しないと!

その一心でいろいろな会社に応募しますが、どれも落とされます。

この時は履歴書をたくさん書いた覚えしかありません。

とにかくやりたいことがない。

目標もない。

何となく仕事して、

「なんかいいことないかな~」なんて言ってる本当のゆとり人間。

 

もう少し自分が成長できるところで働いたほうがいいかな、

そう思って花屋に就職しました。

実は私は接客業が大の苦手。

そんな私が結婚式の装花を担当することになりました。

自分より年上の新郎新婦さんとの打ち合わせ。

この時はまだ未熟で接客もぎこちなかったけれど、自分がすごく成長できる仕事でした。

常連さんが私を覚えてくれるようになって、「とよちゃん」と相性で呼ばれるようになりました。

それがすっごく嬉しくて。

ようやくここでほんの少し、接客もいいなって思いました。

まだこの時は少し取り繕ってるけど、接客業もできるかも!という感覚です。

ありのままの接客ができるようになったのは実はスウェディッシュボディケアを習得してる最中なんです。

確実に言えることは花屋に勤めて接客業をしていなければ、このサロンはありません(*^^*)

自分の精神的な部分まで成長できたお仕事です。

 

スウェディッシュケアとの出会い

最初はアロマに興味を持ったことが始まりです。

いろいろ調べていくうちに「スウェディシュケア」を発見。

調べれば調べるほど「これだ!」という感覚が強くなって、寝ても覚めてもスウェディッシュケアのことばかり。

仕事中もスウェディッシュケアが頭から離れなくなります。

どうしても学校に行きたくて、東京に行く宣言をし、念願のスクールへ。

人をケアすること、心もケアできること、すごく重みのあることを学びました。

初めて人の体に触れるのはすごく緊張!

上手くいかなくて実習では悩んで、悩んで…

だけどそれも含めて楽しい毎日。

私のやりたいことってこれだ!

私の中で一生真剣に取り組むことがここで決まりました。

秋田に持って帰らなければと使命感に駆られて地元でmjukをオープンしました。

 

念願叶ったエンドリングフェイシャル

実はサロンをオープンし、少し経った頃から興味を持ったエンドリングフェイシャル。

エンドリングフェイシャルの開発者、杉江先生のブログに惹きつけられました。

しかし、学校が神戸ということで悩み、まずはスウェディッシュケアを優先と思いながら、行きたい思いは消えず。

ブログを見すぎて、既に学校に通ってる感覚になっていたことも。

そしたら東京に技術を教えてくれる講師が誕生しました。

私の念願が叶った瞬間です。

その後無事に習得し、今に至ります。

 

伝えたいこと

スウェディッシュケアとエンドリングフェイシャルには共通点があります。

痛くない、長持ちすることです。

私がこの2つと出会ったときの感覚のように、みなさんにも「これだ!」と思って頂ける技術だと思っています。

より多くの方を元気に、綺麗に、笑顔に。

悩みができたらmjukへ行こう。そんな風に思って頂けるように。

私の大きな夢と想いを施術することで伝えていきます。